参列者に食事を振る舞う東京の葬式

東京などの関東地方には、お通夜の際に通夜振舞いと呼ばれる習慣があります。通夜振舞いとは、参列者に食事や飲み物を振舞い、在りし日の故人の姿や人柄を語り合ったりする場のことです。参列者が大人数である可能性もあるため、大皿の料理やお寿司など各自で取り分けることができるメニューが好まれているようです。この通夜振舞いは、葬式を葬儀社に依頼した場合には、葬儀社が食事を用意してくれるので、何を供するかを悩む必要はありません。一般的には煮物やオードブル、揚げ物などが準備されるようです。葬儀社によっては、そのメニューが異なったり、葬儀の費用に通夜振舞いの料金が含まれていなかったりする場合もあるようなので、事前に確認しておく必要があるかもしれません。なお、最近需要が高まっているお通夜と告別式をしない火葬式や、告別式のみの一日葬のプランには通夜振舞いの項目はふくまれていません。

故人が結んでくれた縁を感じる東京の葬式

葬式は故人に別れを告げる儀式です。今まで交流があった友人や知人、また、家族に別れを告げなくてはならないのはとても悲しいことです。東京では故人を偲ぶ意味合いを込めた通夜振舞いという参列者に通夜料理を振る舞う習慣があります。この通夜振舞いは、家族や親戚だけでなく、他の参列者にも供されます。葬式は悲しい儀式ですが、それをきっかけに普段なかなか顔を合わすことがない親戚や友人などに再会する場でもあります。遠く離れていたりなどする場合、葬儀は久しぶりに会うという意味合いもあるようです。また、故人が結んでくれたその縁を深め、親交をあたためることもできるでしょう。葬儀はこの世界への未練などから旅立つことをためらっている故人に、残された人たちは大丈夫だから安心して逝ってくださいと告げる場でもあります。参列者と食事をすることで悲しみが和らぐ効果もあるのかもしれません。

東京都の葬式事情に関して

テレビCMを見ていると、家族葬のCMが増えてきたことに気付きます。葬儀・告別式と言えば、値段が見えにくいことで知られています。業者の言われるままに、高額な支払いを済ませてしまうことも珍しくありません。それを回避するには、事前のリサーチをしておくことが大切です。東京都の葬式事情は、家族葬が半数以上を占めています。理由は明確で、地方に比べると核家族化が進んでいるためです。コンパクトな様式になりますが、多くの支持を集めているようです。葬儀はやり直しが効かない分、全てを慎重に決めることが重要になります。見学会を実施している会館も増えていて、来場者には様々な特典があることもあります。互助会システムを導入しているケースもあるので、時間を見付けて来場してみてはどうでしょうか。きっと素晴らしい経験になるはずです。

葬儀費用を最も抑えた葬儀プランをご提案いたします。ご相談・お見積りも24時間・365日承ります。出張でのご相談も随時受付中です。 自社式場のご利用が無料。ご安置室の利用も無料ですので、葬儀費用を大幅に抑えることができます。 東京(町田市、南多摩)・神奈川(相模原市中央区、南区、緑区、大和市)全域を24時間・365日対応いたします。ご相談・お見積りも無料です。 相模原市でのお葬式は「平安メモリアル」にご相談ください