葬式を円滑に進行させるには

葬式を円滑に進行させるには、何よりも事前の綿密な打ち合わせが大事になってきます。ただ、人が亡くなると言うのは突然です。打ち合わせにとれる時間も限られるでしょう。しかし、適当に決めていくわけにはいきません。通夜が終わったら、喪主や僧侶や葬儀社、世話役などと集まってしっかり打ち合わせをすることです。また、葬式の準備は葬儀社が中心となって進めてくれますが、任せ切りと言うのではいけません。遺族側も進行などについてはきちんと把握しておくのが常識です。ちなみに、最近は自宅で葬式をする人がかなり減少しています。理由は色々ありますが、自宅だと準備が大変と言うのが一番でしょう。斎場なら準備は比べものにならないくらい楽です。駐車場も完備されているので、弔問客の負担を軽くできると言うのも大きなメリットと言えるでしょう。

葬式を執り行う際の手続きについて

家族が亡くなると届け出をした後に葬式を行うのが一般的です。自宅の宗派が仏教なのか神道なのかによって行い方は全く違ってきます。日本国内において殆どの家庭が仏教なのでほとんど寺院に依頼する事が多いですが中には神道や別の宗教を信仰する過程もあります。近年は殆ど葬儀は葬祭センターに依頼をする事が増えています。必要な用具は全て用意して貰えますし親戚が集まる際の大型バスなども出してくれます。自宅ではスペースが狭いですが葬祭会館で行えるので殆どの準備は整っています。花代や会場代などグレードを高くすればその分料金も高く付きますがあまりこだわらなければそれなりの予算で執り行う事が出来ます。その葬儀屋の会員になれば割引サービスをして貰うことも出来ますが年に何回もある事ではないため会費と割引料の差し引きを考えながら加入するか決めた方が効率的です。

時代に合わせた葬式が増えています

この歳になると、結婚式よりも葬式に行く回数が年々増えて、淋しい限りです。ただ、若い頃に参加させて頂いた時と今の時代では違ってきた様に感じました。勿論、場所や田舎の故郷なのでは、昔ながらの形が未だにあるのですが、最近、参加させて頂いて、変化に一番感じた事は、昔ならお通夜があって、告別式と言う2日間の流れが常だった様でした。しかし、最近、参加させて頂いた多くは、告別式のみと言う形が非常の多かったのを感じます。告別式のみと言うのは、勿論、予算のご都合もありますが、参列者も高齢化と言う事もあって、お通夜をしない事で日帰りが出来たり、またお通夜に掛ける費用を告別式に持ってくる事で、スライドショーなどのオプションやお花に費用をスライドさせて行っていました。確かにしんみりとした空気感はありますが、スライドショーや沢山のお花のおかげで、旅立つ人を送ると言う本来の送り方を見た様な気がしました。