女性はどう言う格好でお葬式に臨めばいいか

女性はどう言う格好でお葬式に臨めばいいのでしょうか。昔は和装が主流でしたが、現在では洋装が普通になっています。男性の洋装はスーツのみですが、女性の場合はいくつかあります。男性と同じようにスーツもありますが、アンサンブルやワンピースのいずれかをチョイスしましょう。スカートを着用する場合は、丈の長さに気をつけなければいけません。ヒザが見えない長さのものを選ぶことです。黒以外のものを着ないので色的に派手になることはないでしょうが、光沢のある生地のものは着てはいけません。また、アクセサリーをつけて式に臨んではいけないと言って、結婚指輪も外す人がいます。しかし、結婚指輪はつけていてもマナー違反にはならないので安心してください。さらに、パールは涙を表すと言われているので、パールのアクセサリーも問題ないです。

通夜や葬式の場所として自宅を選ぶことがあるが

現在でも、通夜や葬式の場所として自宅を選ぶことはあります。遺族からすれば勝手知った場所ですから、落ち着いて葬式ができるでしょう。しかし、準備は思っている以上に大変です。バタバタする中で家の片づけをしなくてはいけません。とくに、祭壇を置く場所の片付けは大変でしょう。少しでも広くするために、重い家具を動かすことも多々あります。さらに、壁には白黒の鯨幕を張らなくてはいけません。玄関先には受付台を設置する必要がありますし、駐車場の確保や道案内の準備も必要になります。当然、遺族だけではこれら全ての準備をするのはほぼ不可能でしょう。親戚はもちろんのこと、近所の人に手伝ってもらうことです。また、人の出入りなどで隣近所の方には迷惑をかけることになるでしょう。きちんとあいさつしておくことも忘れてはいけません。

若い人でもお葬式のことを知っておくことです

家族が亡くなったら、菩提寺に連絡をしなければいけません。亡くなった人の名前はもちろん、死亡日時も知らせる必要があります。それと同時に、通夜やお葬式の日程、僧侶の人数などについても相談しましょう。何か疑問があればここで解決しておくことです。また、菩提寺が遠方にある場合もあります。そこまで行くのが困難と言うことも珍しくはありません。電話で報告をしたら、自宅近くに同じ宗派のお寺がないか教えてもらいましょう。そして、忘れてはいけないのが戒名です。お葬式までの間に戒名をいただかないといけません。ただ、故人が仏名を希望しないこともあるでしょう。その場合は、故人の遺志を尊重することです。俗名で通しても問題ありません。こう言うことは、若い人では分からないことが多いです。大切なことなので、知っておくようにしましょう。